チェーンライン確認SST

Versys1年のってきて、元から付いていたタイヤ、その後PilotRoad3と2本リアタイヤ交換して、2本が2本とも右側の摩耗が妙に多い偏摩耗していました。

思えば空気圧管理もきちんとできていなかったので、その影響もありそうですが、銘柄も異なる2本のリアタイヤ共通して右側だけ偏摩耗するというのは、何かがおかしそう。

手放し運転で斜行するようなことも無いので、極端なズレは無いと思いますが…

で、最近は下のようなチェーンライン確認用の工具もあるので、お店で買ってきて見てみました。その結果、ホイールが進行方向に対して右に斜めになっていましたので、スイングアーム末端のチェーンアジャスターで調整しつつ、チェーンラインを真っ直ぐに修正。

ところで、チェーンの張りを修正するとき、スイングアームのチェーンアジャスター部の目盛り(下記画像G)や、張り調整用のボルトのねじ山(下記画像D)を左右で合わせると思います。

chain

チェーン調整部分

で、困ったことに、私のVersysもそうなんですが、目盛りやらねじ山って、綺麗に左右対称になってないんですよね… チェーンライン調整前は、ねじ山の数でみると左右とも8でしたので、ショップではそこで合わせたと推定しますが、チェーンライン確認工具で確認しながら調整すると、左8に対して右6が調整後の結果でした。

これで偏摩耗やら燃費がどれくらい変わるかわかりませんが、良くなるといいですし、しっかり自信をもって整備できるというのは大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です