Versys バックファイア原因

Versys良いバイクなのですが、唯一気に入らない点として、Th全閉付近からの加速時のバックファイアが気になっていました。

※バックファイアは、吸気ポート側で燃料が燃えてしまうことです。排気ポート側のアフターバーンではありません。

海外のVersysフォーラムでもちょっと話題になっていたのですが、多分原因は、IDL回転の下げ過ぎだと考えています。

IDL回転を下げるということは、スロットル全閉時の空気量が絞られているということですが、一般的にエンジンは空気量が少ない領域の燃焼が悪く、バックファイアの原因になると考えられます。

※毎回バックファイアするわけではないので、スロットル開けるタイミング、早さも関係してると思われます。

なので、スロットル全閉時の空気量を上げて、異常燃焼しやすい領域を避けてやると、バックファイアも減ると考えられます。

バックファイアが気になる方は、まずはIDL回転を規定値の1300±50に設定して様子見ましょう。(そして、規定値にセットしてあるところは、メーカーもしっかりテストしてると思うので)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA