水冷R1200GSA走ってわかったこと

去年欧州ツーリングで水冷R1200GSAレンタルして2000km位走っていましたが、そのときは嫁とタンデム&フルパニア状態だったので、その割には違和感がない走り心地だなぁとは思っていました。

しかし、今日も慣らしがてら西伊豆スカイライン、伊豆スカイライン、箱根スカイライン、芦ノ湖スカイライン、富士スカイラインとハシゴして、富士スカイライン以外の山道は、まぁ違和感ないと言うか、普通だなぁという感覚でしたが…

富士スカイラインだけは、今までのったどのバイク(と言っても変態バイクばかりで当てにならないですが…ちなみにKLE400、ZZR1200、Versys650)よりも、R1200GSAの素晴らしさを体感できました。

まず、R1200GSAは高速道路を走っていても気がついていたことですが(実際フロントフォークの動きが見えますし)、非常によくサスが動いて、よく路面に追従します。

富士スカイラインは、路面のうねり、亀裂の補修跡、凸凹が割とあって、しかも急勾配のヘアピンが続きます。そういった所で路面追従性がよく、ブレーキングから倒し込み、加速まで非常に一連の流れが安定かつスムーズになります。

シフトアシストプロのクラッチレスダウンシフトも、自分のスキルの無さを大幅にアシストしてくれ(笑、ブレーキングがとにかく楽に感じます。

普通のクラッチ車だと、ある程度エンジン回転高めキープしようとすると、シフトダウン時に手動でブリッピングしますが、ブレーキ握りながらブリップするとどうにも安定せず、車体が前に出てみたり、ブレーキがなおざりになったりしていました。

また、もう一つブレーキングから倒し込み、加速まで一連の流れがスムーズな理由は、テレレバーの為ではと思うところもあります。

普通のテレスコピックフォークだと、ブレーキングでフォークが縮むことでキャスター角が立ち、トレールが短くなって旋回力が上がりますが、フォークが伸びてくると逆の話になります。

上手い人とか、レース走行で決まった場所を決まったとおりに攻める場合は都合が良いのかもしれませんが、自分の場合はコーナー進入までにブレーキングを終わらせてしまう方なので、倒し込みから立ち上がりまでフォークは多分縮んでいません(笑

しかもスロットル開ければフォークが伸びて外にハラムだけのような気がしていて、どうも難しいなぁという感覚があります。

しかし、テレレバーはブレーキングでキャスターやトレールが変わらない分、旋回性も一定な感じで、試しにコーナリング中にスロットルを閉じたり開けたりしても、なんだかあんまりラインがずれない感じ。ラインは、あくまでもバンク角、体重移動、ハンドル操作でコントロールする感じで、スロットル操作を排除できる分、楽に走れるのではないかと思います。

(とはいえ、MotoGP見ても分かる通り、タイムを出す目的ではテレスコピックなんだと思います)

テレレバーのもう一つ、そして最大の特徴である、ブレーキング時にノーズダイブしない挙動も、ブレーキング時のリアタイヤ荷重抜けを防止して、安定したブレーキングに勿論貢献していると思います。

加えて、フロントタイヤが19インチ、リア17インチなので、倒し込む時はリアが先にバンクして、フロントは少し遅れてバンクする感覚も、ユーザーフレンドリーなのかも。(実際にタイヤ見てどこまで使えているか見ると、前後17インチのVersysなんかと対して差はないのですが…)

更にコーナリングがスムーズな理由として、エンブレから加速にかけてのトルクデリバリが非常にスムーズで、エンジンがマイナストルクからプラストルクになる領域でのギクシャクが殆どありません。このへんがチェーンとシャフトの違いなのか、純粋にエンジンの制御の話なのかはわかりませんが、今まで乗ってきたバイクとはものすごく差を感じます。

よくBMWはシニアに人気とか、オッサン車のように言われますが(自分ももう十分オッサンだけど…)バイクの意のまま感、乗っていて楽しいと感じる瞬間は、今までのどのバイクよりも感じます。

いろいろ考えると、BMWのツアラーは、なにか尖った走行特性を追求するよりも、極めてオールラウンドな走行特性を狙っていて、結果的に大多数のライダーにとっては必要十分な性能、かつ、快適なことによるストレスの無さが、バイクを操る楽しさを強調出来ているのではと思います。

まぁそんなこんなで山道ハシゴしすぎて、1000kmを300kmくらい超えて1300km位で初回点検(自分で)やっておきました。

まだ1000km点検前だけど

昨日慣らしがてら600km強走ってきて、今日ちょっと暖機がてらリアホイールの振れを見てみると、ちょっと振れが大きいような…

スポークの張りが良くないのかと思って、サービスマニュアルを見ながらドライバーの柄でコンコン音を聞くと、フロントはOK。しかしリアは2本くらいテンションが掛かっておらず、更に数本テンションが弱い感じ。

右側のニップルはリアタイヤ車体についてても調整できますが、左側ニップルはタイヤを外す必要あり。しかし片持ちなのでタイヤの脱着ものすごく楽です。

さてスポークの張り調整ですが、写真の通り、ニップルその物を回るためのトルクスの内側に、周り止の為のイモネジが入っているのがよくわからず、サービスマニュアルを何回か見返して、物をみて、理解するのに少し時間がかかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は音聞いて調整しましたが、やっぱりトルクドライバー必要かなぁ…

あと、緩んでたスポークのテンションかけてもリヤホイールの振れは相変わらず少し有り、それはタイヤ交換の時に要調整かも…

 

しかし、1000km点検前に2本テンションなくなってるとか、スポークってこんなもんなのかなぁ… まぁ緩んでるかどうかは音を聞けばいいので、今後気をつけていかなきゃ。

Moto Scan

BMWのバイクは(BMWと言わず、最近のFI車は全般的にそうですが)、ダイアグツールをつないでエラーコードの確認とリセット、メンテナンス距離や日時の設定などができるようになっています。

この辺ができるツールとしては、BMW向けには以前からGS-911というツールが有ったのですが、機能も少し良いですが値段も高い…

しかしこの辺のツールが無いことには、メータにメンテナンスお知らせの警告がでて目障りだったり、本当に不具合がある時にDIYでメンテするにも限界がありましたが…

しかしYouTubeを見ていたら、MotoScanというAndroidアプリの紹介があり、汎用的なOBD接続インターフェースを介してエラーコードの取得、リセット、メンテ時期のリセットができるとのこと。

アプリ自体はお試し版は無料ですので、お試し版で問題なく接続、通信出来ていることを確認してから、アプリ内課金で購入すると、メンテナンスに必要な機能が使えるようになります。

 

OBD接続インターフェースは、ELM327というものが安いのですが、偽物だったり不安定だったりするのか、MotoScanでおすすめされていたOBD Link LXを購入。

 

早速車体に取り付けてみます。

R1200GSAの場合、OBD接続端子は、車体右側サイドカバー裏にありますので、まずは右側サイドカバーを外します。

黄色四角部分がOBDコネクタ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黄色丸部分の爪をずらしてコネクタを車体から取り外します。

 

 

 

 

 

 

 

黄色部分(反対側にもあります)をつまんでOBDコネクタの防水キャップを取り外します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OBD端子が見えました。Euro4対応もでるから、BMWの丸型10ピンではなく、業界標準のOBDコネクタです。10→16ピンの変換ケーブルは、この辺ので大丈夫だと思いますが、互換性は各自調べてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OBD Link LXを接続します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OBD Link LXを接続した後、初回はBluetoothのペアリングが必要です。ペアリングはこのまま車体の電源をONにし、OBD LInk LXのOの字の下付近のボタンを押下するとペアリングモードになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

スマホでBluetooth機器を検索し、OBD Link LXが表示されるのでペアリング設定します。

次にスマホでMotoScanを立ち上げます。

立ち上がった画面でバイクの車種名を選択すると、メニューが出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R1200GSAにはないオプションも一通り表示されていますが、各メニューとも中にはいると、次のような同じ様なメニューが出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンテナンス日やメンテナンス距離は、メインメニューのInstrument Cluster(KOMBI)から入るとメンテナンスできるようになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なおこの次回メンテ距離は、過去に入れた距離よりも少ない距離は入れることが出来ないようになっています。

自分は表示上9250位だったのをテストで10000に設定し、その後戻そうと思っても出来ませんでした。未来永劫出したくない人は巨大な値を入れてしまっても良いかもしれませんが、自分なりに使っていこうという方は気をつけて下さい。

BMWのバイクの液晶メーター

2018年モデルから、BMWの様々な車種で液晶メータが導入されていて、スマホと連携できるようになってきました。

CONNECTIVITY

さて、ナビは是非とも使いたい機能の一つですが(だってGarmin評判イマイチだし、今の時代スマホでできることをなんでわざわざ外付けのスマホ2台買えるくらいのナビ専用機買わんといかん…)、TFT液晶メータの場合、スマホにBMW Motorrad Connectedアプリをインストールした状態で、メーターと連携させます。

ナビ機能そのものは、BMW Motorrad Connectedアプリ内で実現されていて、右左折の指示だけがメーターに表示されるイメージになりますが…

問題はそのBMW Motorrad Connectedアプリないの日本地図の状況。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

えーっとこれ、引いてるからこんな風に見えるんじゃなくて、なんと日本の地図は、国道と県道しか表示されません… 住所を検索しても、市町村までしか検索できないというハードモード…

ようするに、ナビは実用に耐えません。

ちなみに、アジアだと、

アゼルバイジャン、アラブ首長国連邦、イエメン、イスラエル、イラク、インド、インドネシア、オマーン、カザフスタン、カタール、カンボジア、クウェート、サウジアラビア、シンガポール、スリランカ、タイ、ネパール、バーレーン、バングラデシュ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、モルディブ、ヨルダン、レバノン、香港及びマカオ、台湾

は、国別詳細地図が用意されています。

○歳からの挑戦

60歳からの挑戦…とか、たまにそういうサイト有るんですが、なぜそんなに遅くなってから挑戦するんだろう…

もっと早くにすればいいのに。

 

仕事中、飯食う時間が無い、と、時間無いアピールする人いるけど…

飯なんて5分位で食えるし、5分位捻出できないの?

 

子育てが終わってやっと北海道ツーリングに来ることが出来たとか言う人いるけど…

別に子育て中でも行けるし、子供と一緒にやればいいじゃん。

 

なんつーか、できることを先送りした挙げ句、無駄にポジティブに考えるやつって結局ダメなやつな気がする。

そうはなりたくないな~

AIと自動運転

https://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/ces2018/1099920.html

nVidiaといえば、約20年前、RivaTNT2あたりからUltima OnlineやらEver Questやらで廃人生活送っていた頃からお世話になっていますが、こんな世の中に成るとは全く予想していませんでした(笑

ゲーミング市場に対して、自動運転分野は100倍の市場規模、1130兆円ってものすごいですね…

さて、冷静に考えれば、人間がリアルタイムでできる程度の事が、コンピュータでできるようにやっとなってきた、というところだと思いますが、コンピュータにとって人間がさほどの労力を感じずに処理できている部分が重かった部分になるのだとは思います。

そして、その重い処理をするのにものすごいシリコンリソースと電力が必要だから、急激にAI化が進むことに疑問を投げかける記事なんかも有ったような気がしますが、今回恐らくチップ1つでの商品電力は30wだそうで…

https://blogs.nvidia.co.jp/2018/01/12/drive-xavier-processor/

さて運転は、認知、判断、操作といいますが、恐らくこの中で一番重い処理は認知になるのではと思います。自動運転をどのように構築しているのか詳細は自分にはわかりませんが、車を取り巻く状況が認知さえできれば、判断、操作の部分は、ハードコーディングされたロジックになってたりするのかなぁと思います。その中には、国ごとの法規対応部分とか、使われ方の違いによる商品性の味付けとか、そういうのもSDKとしてライブラリとして提供されて来たりするのかなぁ…

 

3Dプリンタ ABS印刷時の臭いについて

ココ最近窓の断熱化に興味があって、ためにしホームセンターでハモニカーボを買ってきて工作しています。

(我が家はもともと二重窓なのと、ハモニカーボの大きさと窓の大きさの兼ね合いで、ペアガラスの上だけハモニカーボを取り付ける感じにしています)

その際に、ハモニカーボの外枠部分を3Dプリンタで色々作っているのですが、狭い部屋の中でABS樹脂で印刷しているとやはり臭いがキツイ…

そこで空気清浄機買おうかどうか悩んでいましたが、ふと台湾駐在時代に使っていたハネウェルの空気清浄機のプレフィルターが黒くて活性炭ぽかったのを思い出し、箱を見ると確かに”activated carbon”の記載があります。

そこで適当にエアコンのフィルターに挟み込んで、試しにエアコンを送風のみにしてみると…見事に臭いが緩和されました。

活性炭ならなんでも良いと思うので、こんなのでも良いと思います。

ABSプリント時の臭いが気になる方は、試してみては如何でしょうか。

3Dプリンタその後

以前3Dプリンタ欲しいと言ってから、結局Prusa i3 MK2Sを購入。

組み立てキットだったので、特に問題なく組み立てて使用中です。

自分が買ったときはMK2Sが最新版でしたが、現在はMK3が発売中で、造形物のレベルはあまり変わらないと思いますが、使い勝手の部分でアップデートされているようで、今買うなら断然MK3が良いでしょう。

さて、Prusa i3 MK2Sを購入して、3Dプリンタの世界に入っていくと、Thingiverseといった3Dモデル共有サイトで様々なモデルが公開されているので、何か欲しいものを検索して、すぐプリントも出来ますし、Fusion360といった3D CADソフトを使えば自分で好きなものを作ることが出来ます。

最初はBlenderという3D モデリングソフトを使っていましたが、こちらはフィギュアのような物を作るには良いと思いますが、数値を指定して幾何学的な物を作るなら、Fusion360が良いと思います。(なお、Blenderはファイルのインポート・エクスポートに使うことも有り)

さて、Thingiverseを見ていたら、ある日Prusa i3 MK2-Xと言うのものを見つけました。これは、オリジナルのPrusa i3の部品を流用しながら、イマイチ剛性感の足りないオリジナルのフレームを、アルミニウムフレームで置き換えるというものです。

早速自分もやってみようと思い、フレームを発注する一方、どうせならその他の部品もアップグレードできるところはしてしまおうと思い、色々と沼にはまる結果に…

2017 result

Johann Zarco , his 1st Podium, LeMans

Johann Zarco, his 1st Pole Position, Assen

Jonas Foler, his 1st Podium, Sachsenring

Johann Zarco, his 2nd Pole Position, Motegi

Johann Zarco, his 2nd Podium, Sepang

Johann Zarco, his 3rd Podium, Valencia

欧州ロングツーリング時のウェアについて

今回の欧州ツーリングでは、Revitのゴアテックスジャケット上下を日本から持ち込んで毎日着ていました。(下着だけは毎日取り替えて、その上のジャケットは通して着用)

最初の2日間(ドイツの平野部)は非常に気温が上がり、欧州にしては非常に暑く30℃越えの日が続きましたが、走行さえしていればゴアテックスは湿気がたまらないので、基本湿度が低い欧州では30℃越えでもメッシュジャケットではなくても意外となんとかなります。

但し、走行風頼みなので、アウトバーンの事故渋滞では非常にキツかったです…なおその際、見かねたドライバーがクラクションを鳴らして、「水あげるよ」との申し出が有りました。ドイツ人はまずクラクションを使う事自体が非常に稀と聞いていましたし、めったに笑わないとも聞いていましたが、今回この時含めて何回か親切にしてもらった事があり、少しドイツに対する印象が変わりました。

また、スイスの方では山間部を走行し、霧の峠越えの場合などは8℃程度まで低下しましたが、基本下着+バイクウェアだけで全く問題ありませんでした。従って、ゴアテックスジャケットは、非常に対応温度レンジが広いといえます。湿度さえ低ければ…

そういう意味でも、欧州のバイクを取り巻く環境の良さの一つは、湿度が低いことかなと思います。

日本はとにかく夏の蒸し暑さはメッシュジャケットを着ていてもどうしようもないというか…