欧州ロングツーリング時のウェアについて

今回の欧州ツーリングでは、Revitのゴアテックスジャケット上下を日本から持ち込んで毎日着ていました。(下着だけは毎日取り替えて、その上のジャケットは通して着用)

最初の2日間(ドイツの平野部)は非常に気温が上がり、欧州にしては非常に暑く30℃越えの日が続きましたが、走行さえしていればゴアテックスは湿気がたまらないので、基本湿度が低い欧州では30℃越えでもメッシュジャケットではなくても意外となんとかなります。

但し、走行風頼みなので、アウトバーンの事故渋滞では非常にキツかったです…なおその際、見かねたドライバーがクラクションを鳴らして、「水あげるよ」との申し出が有りました。ドイツ人はまずクラクションを使う事自体が非常に稀と聞いていましたし、めったに笑わないとも聞いていましたが、今回この時含めて何回か親切にしてもらった事があり、少しドイツに対する印象が変わりました。

また、スイスの方では山間部を走行し、霧の峠越えの場合などは8℃程度まで低下しましたが、基本下着+バイクウェアだけで全く問題ありませんでした。従って、ゴアテックスジャケットは、非常に対応温度レンジが広いといえます。湿度さえ低ければ…

そういう意味でも、欧州のバイクを取り巻く環境の良さの一つは、湿度が低いことかなと思います。

日本はとにかく夏の蒸し暑さはメッシュジャケットを着ていてもどうしようもないというか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA