ユニバーサルジョイント交換方法

R1200GS(と言わず、BMWの車もバイクも全般的にそうっぽい)のユニバーサルジョイントは、サークリップで固定するのではなく、カシメることで脱落防止されています。(画像

別の言い方をすれば、BMWはなぜかユニバーサルジョイントだけを交換するという考え方ではないということなのでしょうが、YouTubeでStaked universal joint replacementで検索すると、カシメタイプでの脱着方法の解説動画がありますので、自分としてはシーズンオフに毎年チェックしながら、ガタや異音等出てきたら、交換してみようかな。

R1200GSA シャフトドライブメンテナンス

今年5月に納車されたばかりのR1200GSAですが、海外サイトを見てみると、ドライブシャフトのグリス切れの投稿がけっこうされています。(たとえばこことか)

グリスが見た目乾いていても、ジョイント部分のユニバーサルジョイントは内部にグリスが充填されているので、見た目乾いている=即油脂切れにはならないはずです。

ところが、使用条件によるんでしょうが、何らかの原因でユニバーサルジョイントの油脂切れを起こしてジョイントが固着すると、ドライブシャフト破断→最悪スイングアームも壊れるということらしいです。(たとえばこことか)

で、油脂切れの原因は水入や湿気などの外乱が疑わしいので、ユニバーサルジョイントの給脂というよりも、異物が侵入しないように、ジョイント部にグリスをしっかり塗って保護しておくことが良いのではないかと思います。

結構新しいのにジョイント部分のグリスが乾いてるとかいう投稿もあったので、冬だし暇だしチェックすることに。

フィナルドライブのグリスアップはこの動画が参考になります。

しかし、この動画のようにはいかず… パラレバーリンクを分解して、ファイナルドライブを抜こうとすると、Frドライブシャフトスプラインが先に抜けてしまってRrドライブシャフトスプラインが抜けない状態に…

仕方ないのでファイナルドライブ部を分解してスイングアームから完全に取り外し、ドライブシャフトを抜こうとすると固着して全く抜けず…

急遽ホムセンでタガネ買ってきて、叩いた後にようやくスライドハンマーで抜けました。

で、状態はというと、ドライブシャフトの外目は比較的きれいですが、スプライン部は錆びてしまっています。また、Uジョイント部もグリスが少なく、海外の投稿のとおりでした。

というか、走行中多少雨が降ったとはいえ、ほとんど晴れの日に5000km乗っただけでこれなので、こりゃぁ数年立ってたら完全に固着してたところです。

海外サイトではジョイント部にモリブデングリスを塗りたくってましたが、モリブデングリスはやわらかく飛び散りそうなので、AZの極圧グリースをジョイント部に使用して、それ以外は錆止めにこれまたAZの長期防錆オイルをスプレーして組み付けました。

リチウムイオン空気入れが便利

しばらく前に購入したリチウムイオン電池の電動空気入れが非常に重宝しています。

自分のガレージには50Lのコンプレッサーもありますが、

  • バイクの空気圧調整
  • 子供・嫁の自転車空気圧調整
  • パーツクリーナーリフィラーへの空気充填

をやるには、オーバーキルというか、50Lって充填待ちが長くてすぐ使えない。

なので今まで手動の自転車用空気入れ使ったりしてましたが、

  • 意外と重い
  • バイクの空気圧調整するのはシンドい
  • 入れてて空気圧が解らない

といったことが、すべて解決しちゃうんですよね…なにせ、

  • 軽い
  • 設定圧で自動停止
  • バイクのリアタイヤは時間かかるけどツーリング前の微調整なら余裕

と、非常に使い勝手がいいです。また、コンパクトなので、林道では圧抜くけど道路戻ったら圧上げたい、というのも重宝しそう。(北海道ツーリング行くならもっていくつもり)

自動車用としては、ちょっと非力だと思いますが、バイク・自転車用としては非常に使い勝手が良いので、オススメです。

BMW Shiftcam

R1250GSのボクサーエンジンなら、Shiftcamが成立するのは理解しやすかったが、4気筒モデルのR1000SSは無理だろうと思っていたのだが…

(なぜなら、カムをスライドするわけだから、ベース円の瞬間にスライドするしかない。しかし、4気筒だと、4気筒分ベース円のところに来るタイミングはないから)

カムを2分割してまでやってくるとは全く予想外でした…

★BMW EICMAで完全新型となるS1000RRを発表

Raspberry Piで作るR1200GSA用LTEルータ

構想して色々部品を買いつつ、段々と出来つつあるので紹介。

作りたいものとしては、簡単に言えば、R1200GSAに組み込むモバイルLTEルータ。

機能としては、

  • モバイルルータ機能
  • GPSトラッカー機能
  • CANデータロギング機能

の3つが主な機能となる。

大まかに言えば、Raspberry Pi Zeroに、LTE通信&GPSモジュールを組み合わせたものに、CANモジュールを接続したもの、となる。Raspberry Pi自体は、0~3何でも良いのだが、消費電力重視で0に決定。

Raspberry Pi Zero(以下RPZ)は、次のような流れでセットアップしていく。

  1. OTGセットアップで、家のWiFiにつながるようにセットアップする。
  2. Update、Upgrade、必要パッケージを導入
  3. gpsdのセットアップ
  4. LTE通信モジュールをセットアップ
  5. アクエスポイントモードにセットアップ
  6. CAN通信設定

といった流れで実施していきます。

R1200GSA ちょっと困ること

最近日中暑くて、早朝出発でショートツーリングなことが多いのですが、早朝夜明け前のまだ真っ暗な時間帯に乗っていると、手元が真っ暗でスイッチがどこに何があるか全くわからないのがちょっと困ります…

中にLED仕込んで、ボタンを縁取るような感じで光らせたいなぁ…

R1200GSA CANコネクタ備忘録

R1200GSのCANコネクタは、調べると写真が色々出てきます

拡大写真を見ると、Tycoの品番1-967369-1ですが、これでTycoのページで調べると、恐らくBMW専用型番なのでデータシート等は閲覧できません。

ここで枝番を取っ払って、試しにconnector 967369で検索かけると、やっぱり売ってるところでは売っています。しかし、あくまでもこのコネクタに接続するオス側が必要なのですが、一向に検索かけても引っかかりません。

そこで、上記検索結果の1番目のサイトを見てみると、Product Range:MQSと出てきます。

そこで、TEのサイトでMQSシリーズのカタログを見ていると、3-60ページ目にそれっぽいのが出てきます。8 position PCB headerということなので、コネクタではなく、電装品の基盤にはんだ付けするコネクタしか提供されていないようです。電装品に埋め込まれてポッティングされることを考えると、なるほど、Unsealedカテゴリに仕分けされるわけですね。

めでたく製品番号1-967658-1 が求めるものっぽいので、Tycoのページで更に調べると、関連部品に967369のコネクタっぽい、1534229というものも出てきますし、あたりっぽい気がします。(実際車体側コネクタのサイズも確認してみましたが、サイズ的にも適合しそう)

で、Mouseの購入ページに飛ぶと、1個1200円もするのかよクソ(笑 図面あるから一瞬3Dプリンタで作ろうかと思ったけど、多分これは細かすぎて無理…

くっそー、けどこれ、WanhaoのDuplicatir 7で作れるぞ(笑

しっかし、Googleだけで自宅で座りながらここまで2時間位で調べつくなんて、本当にいい時代になったものです… そして、AIが発達すると、上みたいな事芋づる式にたどって、検索エンジンで1発で出てきたりするようになるんだろうなぁ。

【追記 2018/11/04】

製品番号1-967658-1のコネクタで、車両の盗難防止アラーム接続用コネクタにピッタリ接続可能です。ただし、ネットで調べた写真とピン配置がちょっと違うみたい。

  1. 未接続
  2. 未接続
  3. IGNキーON時のみ通電
  4. GND
  5. CANL
  6. CANH
  7. 未接続
  8. 常時バッテリ+給電

こんな感じっぽいです。

BMW Motorrad Connected 代替え思案

BMW Motorrad Connectedが日本地図がクソ過ぎて何の役にも立たないので(地図以外は使えるんですが、だったらスマホを直接使うほうが手っ取り早い)、代替え+αを色々考えています。

まず、シンプルに、スマホホルダーを作ってスマホを使う、というのが有りますが、5.5インチスマホのZenfone Maxだとやや画面小さく難あり。

次にMediapad T3 7を使ってみると、7インチディスプレイは使い勝手もいいし快適。ただしMediapad T3はWifi接続のみなので、別途通信手段が必要。

そうするとじゃぁ、Xiaomi Mi Max3やZenfone 3 Ultra辺りのファブレット辺りが良いようにも思うが、こいつらを普段使いの携帯として使うにはでかすぎるし、かと言ってバイクのナビ専用で買うにもいまいち…そもそもMediapad T3 7が1万ちょっととコスパが良いことを考えても、ファブレットで運用はないかな…

Meidapad T3 7を使う場合は、通信手段の確保のために、普段使用しているスマホをテザリングモードで使う必要がありますが、それはそれでタブレットとスマホを常時2台セットで考えないといけなくなってきて、ちょっと面倒…

そうすると、バイク側にモバイルルータ機能をインストールしてしまえということで、まず考えたのが中古なんかのスマホを使う方法。常時テザリングON+常時位置情報ONで、グーグルタイムラインも漏れなく記録できるし、通信も確保できる。常時位置が確認できるので、バイクの盗難防止時にも役立ちそう。

が…それだとつまらない(笑

そこで、ラズパイにLTE通信モジュールをくっつけて、ラズパイをモバイルルータ兼GPSロガーとして運用出来ないか思案中。ラズパイを母艦にしておけば、R1200GSAの場合CANロガーも構築して、CANデータ+GPSデータで走行軌跡と合わせてデータ見れるかと…GPSについてはグーグルタイムラインとは連携できないですが、現在位置を定期的に適当なWebサーバに投げておけばOK。こっちからコマンド送ればカメラで写真撮って送らせることも可能ですなぁ…

ラズパイを盗難防止の意味で使う場合は、常時電源ONとしなくてはなりませんが、出先だと一晩持てば翌日走って発電するだろうし、自宅だと常時充電器に接続しているので問題なしだろうし、一晩持たせるだけなら最近のモバイルバッテリで十分持つと思うので、そんな構成で作ってみようかと。

フロントブレーキの遊びが気になる

納車直後は気になっていなかったのですが、ある日ちょっとハードに走ったらフロントブレーキレバーのストローク初期部分がすかすかになってしまって、ちょっと気になっていました。

個人的には握り込んだら直ぐにブレーキ圧が立ち上がってくるほうが好みなのですが、レバー先端の移動量でいうと3cm位は手応えがありません…

さしあたりエア抜き(水冷GSモデルのエア抜きは、普通の非ABS無しモデル同様に普通にエア抜きすればOK。サービスマニュアルにも書いてあります。)しても、全く改善せず。

MotoScanでFront ABSユニットを作動させて、エア抜きの手順をやってみて、気持ち改善した気もしますが、やはり大きくは変わらず…

海外の掲示板見てみると、この手の書き込みやはりあって、なんか持病みたいな…

たしかコンビブレーキでもあったはずなので、ダメ元でリアもエア抜きしてみたけど、やっぱり改善せずなので、仕方ないのかなぁ…

MotoScanでブレーキ圧をモニターすると、ストローク初期部分のスカスカしたところも、スカスカしているなりにブレーキ圧は立ち上がるんですがねぇ…

R1200GSAのシフト時異音

納車後最初の方はあまり気にならなかったのですが、最近シフト時(シフトアップ時)の異音(クラッチ踏まずにシフトチェンジしたときのMT車のような音)が気になっていました。

海外の掲示板を見ると、どうやらオイルレベルが上過ぎると良くないとのこと。確かに、今まで乗ってきたバイクでもそういうことがあったバイクもあったような…

初回交換後、ちょっとオイルを入れすぎてしまって、数日放置してオイルレベル確認すると、点検窓がオイルでいっぱいだったのですが、下限割ってエア吸いするとかじゃなきゃ、多少抵抗になるかもしれないけど大丈夫だろうと思っていました。

さしあたり今朝乗ってみたら、1⇢2速はまだ音がするときもあるけど、前よりだいぶマシになり、その点は一安心。