BMW Motorrad Connected Ver1.6

現状地図データが糞すぎて全く使えないBMW Motorrad Connectedですが、BMWの2019年のモデル予告で触れられており

BMW Motorrad Connectivity. 
The BMW Motorrad Connected app will receive a major update to version 1.6. The app will then offer additional functions and enhancements that were proposed by the BMW Motorrad community. The digital maps will be completely revised and will be based on the motorcycle optimized navigation by TomTom. As one of the most requested features, the navigation option “winding route” will be introduced. To use the new functions, the customer only needs to update the app in the beginning of August and download the new maps free of charge before starting the next ride.

とのことです。適当に訳すと、

BMW Motorrad Connectedアプリは、Ver1.6でメジャーアップデートの予定がある。そこでは、BMW Motorradコミュニティによって提案された追加の機能と改善が提供される予定である。デジタルマップは完全に一新され、TomTomによって最適化されたオートバイ向けナビシステムに一新される。そして、最も要求の高かった機能として、ナビのオプションに”ワインディングルート”が導入される。新しい機能を使用するには、使用者は単に8月から提供されるアップデートを適用し、新しい地図データを次のライディングの前にダウンロードすれば良い。

だそうです。

ただ個人的な予測では、

  • 日本ではGPSナビを買ってほしいから、あえて日本向け地図データは提供されない
  • 地図データの版権の関係で無償提供できず、日本は対象外

のどちらかの理由で駄目なんじゃないかなぁと思っていて、あまり期待していません。

それと、Connectedアプリを使うことで距離データなんかがBMWに飛ぶと思うので、それでメンテに来いとか言われるのも鬱陶しいのでね…

というか… どこのメーカーに対しても言いたいことなんですが、なぜオートバイ側で、スマホの操作インタフェースだけ提供してくれないのかなぁと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です