フロントフォーク O/H

2,3週間前の洗車時、左フロントフォークがオイル漏れを起こしているのに気がついたので、オーバーホール実施しました。

オドメータはまだ3万2千位ですが、年数的には2007年モデルだし、今年夏の北海道でダートもそこそこ走ったので、それで漏れてきたのかな?

というわけで、特に特別なことをするでもなく、サービスマニュアルにしたがって作業。

  • オイルシール
  • ダストシール
  • インナースライドメタル
  • アウタースライドメタル

を交換し、各部洗浄して再組み付け。

事前に調べた感じでは、倒立フォークのピストンロッドとトッププラグを緩めるためのネジは、トッププラグ直下のスペーサーに隠れてしまっている為、スペーサーを押し下げる必要があります。ここの押し下げ方が苦労すると色々なホームページで紹介されている気がするのですが、ZZR1200の正立フォークの時はスペーサーを手で下げて、ナットの下に潜り込ませれば何とかなっていたので、今回も同様手段で特にSST等なくても問題なく脱着できました。

ところで組み付けの段になるまでフォークオイル用意していなかったことに気づいていなかったので、用品店で買ってきました。

サービスマニュアルだと

SHOWA SS-8 or equivalent SAE10W

と書いてあったのと、用品店にはSHOWAのオイルが無く、10W相当ということでYamaha G15を購入しました。

もうそれで組んでしまったのですが、粘度を調べるとG15の方が硬いみたいなので、ダンピングを緩めないといけないかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA