良くも悪くも日本らしい

台湾から帰国してそろそろ丸2年。だいぶ日本に慣れてきましたが、やはり一度海外を経験すると、日本の面倒くさいところが時々どうしようもなく面倒くさい、そんな話です。

今朝、子供の習い事関係でちょっとした地域の大会があり行ってきたのですが、事前配布のプリントには7時15分集合厳守って書いてあったんですよ。

で、7時15分に行ったら、みんな体育館の外で待っている…

プリントには7時30分から開始みたいに書いてあったので、多分そうだよなぁ~日本だしと思いつつ待ってたら、やっぱり7時30分きっかりに体育館Open。

この糞サミー中外で待ちぼうけするくらいなら、最初から30分集合にするか、15分に体育館あけとけヴォケと思いつつ中に入って待ってると、1時間位朝稽古みたいな感じの後、8時半位から開会式。

まず大会実行委員長の話、来賓の話①②③…もうね、アホかと、ヴァカかと。中高生相手ならともかく、小学低学年のガキ相手にマララ・ユスフザイさんが10代史上最年少でノーベル賞取ったとか、どう考えても主役の子どもたちにとってポカーンな話が30分以上。

そして、時間がないから来賓の挨拶④⑤をカットした後に祝電紹介ってなんじゃそれwwww

まーなんというか、日本+日本固有の競技+アマチュアスポーツって言うと、こうなるのかもしれないけど、自分的にはないな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA