APS初期化開度検証

私のバイクは2019年3月から、ほぼ全走行CANデータが蓄積できているので、Key ON時のAPS(Accel Position Sensor)初期化開度を見える化してみました。

その結果、経時的にどんどんオフセットしてきたというよりは、2020年9月末頃にズレが進行し、以降ズレっぱなしになっていることがわかりました。

2020年9月末というと、夏の北海道ツーリングの後、秋のツーリングシーズン開始までしばらくガレージに停めた後に乗り出したタイミングに当たり、まぁこのタイミングでAPSが壊れたんだろうなぁと思います。

それにしても、この故障、微妙ですねぇ… MIL(故障警告灯)がつくまで数ヶ月かかっており、その数ヶ月の間、ダウンシフトでShiftAssistProが効かない場合があるのと、始動時のハイアイドルがあったわけですが…

ダウンシフトについては、制御が介入しないことでミッションにダメージがあったのかなかったのかが非常に気になります。

ハイアイドルについては、これはMIL非点灯時に起きていたので、排ガス通ってないとまずい気がしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA