LIMPモード

私のR1200GSA、ホイールのサービスキャンペーン該当していたのですが、自分でスポークの張りもメンテできるので点検に持っていっていませんでした。

が、点検に持っていってあげないと、メーカーとしては進捗が上がらないので、自分で点検・メンテナンスできるとしてもきちんと店舗で点検して進捗協力したほうが良いだろうと思い、先日ディーラーに行きました。

ただ行くのも面白くないので、早朝南信州の方まで朝駆けしてからディーラーに向かい、時間調整でスーパー銭湯に立ち寄ったですが、いざ銭湯から出発しようとした時に…

いやぁ、見たくないメッセージが… ECUイニシャライズ時の自己診断で不具合が検出されてしまいました…

でこうなるとどうなるかというと、スロットルをひねってもエンジン回転が全然上がらず、常時アイドル回転よりちょい上くらいまでしかエンジンが回りません。

こうなると、そ~っとクラッチを繋いで2000rpm位まで復帰したら、次にギアを上げて、また2000rpm位まであがるのをまつ状態になります。(なので、速度調整はギアチェンジだけでやるような感じ)

こういうの、LIMP(よろよろよろめく)モードと言いまして、不具合が発生してもなんとかディーラーまでたどり着けるように最低限なんとか移動できるモードになります。

メカニックの方の話では、スロットルボディ関連のエラーコードと言っていましたが、詳細は調査中です。

しかしスロットルボディと聞くと、今まで実は

  • 冷機ハイアイドル
  • ShiftAssistProでシフトダウン時、ブリッピングしないのでシフトダウンできない

事があったので、予兆は出ていたのかも… まぁ何にせよ、ディーラーに持っていく途中である程度ディーラーに近いところで出たのでラッキーと言えばラッキーでした。

LIMPモード中もロギングできてるはずだし、ドラレコも付いてるので戻ってきたら動画つくろうかな。ただノロノロ走ってるだけで面白くないと思うけど…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA