R1200GS Adv修理完了

本日引き取ってきました。

いやー、普通です(笑。スマホでAPSイニシャライズ時開度を確認しても、正常な個体と同等ですし、スピードシフトのダウンシフトも問題なく起動します。

調子が悪くなってからシフトダウンできないことが時々あったり、ともするとブリッピング無しで力づくでシフトダウンしてしまい、リアタイヤがスリップしたりするのが怖くて減速時無意識のうちにだいぶ加減していたようです。

が、スロットルが直って加減速判定がちゃんとできるようになってバッチリシフトダウンできると、減速が「た~のし~」って感じですね。

CANデータを見ても、シフトダウンのたびにしっかり電スロのブリッピングが入っているのが確認できました。

メカニックの話では、今回私のスロットルはAPSの内部2回路のうち1回路断線していたようです。あまり例が無いようなので、逆に言えば多発性は無いわけだと思うし、運が悪かったですね。

個人的にはAPSには回路が2系統入ってるんだから、1系統死んでももうちょっとましなLIMPモードで動いてくれるとありがたいんだけど…

壊れたスロットルはもらってきたので、また色々調べてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA