TOEICかTOEFLか、それとも…

今まで先入観で、TOEICスコアで客観的に英語力を計れると思いこんでいたのですが…色々見てると、こんな記事が。

受験者の2人に1人は日本人!

日本の企業ですとTOEIC認知度も高く、TOEIC点数はアピールポイントになると思うのですが、海外ではTOEFLの方がメジャーとなると、自分の場合はTOEFLを頑張ったほうがよさそうです。

それと、TOEFLはアカデミック関連の設問が多いということで、理系の技術者としてやっていく上ではTOEFLの知識はきっと役立つと思います。

また他の英語検定も色々あるようで、日本だと英検が有名ですが、国連英検とかケンブリッジ英検とか、色々あるんですねぇ… ちょっと調べた感じでは、欧州企業考えるならケンブリッジ英検がよさげですが、しばらく色々情報収集したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA